<< 葛藤 | main | 最後のお願い >>

2009.10.04

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -   

2009.08.07

蜘蛛の糸

JUGEMテーマ:photo



 見え透いた嘘すら そっとしまい込んで

 “愛おしい”などと言うの。

 慌ただしい太陽の下と 月明かりの下の静寂の
 微妙な関係性を ぐるぐると考えていたら
 夜が明けてきて 慌てて眼を瞑る



 此処を離れる支度をしよう。
 
 さよならはすぐにやってきて、
 あっという間に過ぎていくから。




 貴方の言う 完璧な貴方は
 アタシから見たら 痛々しくて
 泣いている子供を見ているみたいだったわ。


 誰かに堪らなく逢いたいのに
 誰かに堪らなく触れたいのに
 誰かに凡てを話してしまいたいのに


 いつも 流れるメロディーにかき消されて 
 本当の自分を見失う




 鏡に映らない アタシを
 誰か 見つけてって
 いつだって叫んでる。






 信じられないくらい嫌いなのに
 接着剤みたいな言葉が
 絡んで、どこにもいけそうにない。





 別に それでも明日は来るから 
 また 生きている 。

2009.10.04

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -   
コメント
コメント送信



 
 COOKIE
この記事のトラックバックURL
トラックバック