<< 最後のお願い | main | * ** >>

2009.10.04

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -   

2009.08.25

パンドラの箱



PCが壊れた。 

**************



鍵を無くした箱を 

クローゼットの奥に隠していた。
中に入れたものは
宝物なのか
隠し物なのか
自分でもわからない箱。

いや、その箱の存在すら 
アタシは忘れかけていたのかもしれない。 




しかし、 
その箱は 突然目の前で開かれた。 


何の前触れもなく。


誰が出してきたのかも 
誰が鍵を開けたのかも 
どうして今、8年もの時を経て
突然目の前で開かれたのかも 
わからない。 わからない。






箱の中身は 
見覚えのある携帯電話。 



昔よく聞いたメロディーが響いていた。



恐る恐る 携帯電話を取る。 





電話の向こうから聞こえた声で 

私は思い出した。 









あの夜の会話。 






あの夜、 アタシは 
その記憶を箱に入れて鍵を掛けた。 






アタシの罪。




鍵を掛けた過去。 






今、何故突然アタシは
しまい込んだ過去を引っ張りだしたんだろう。 





ねぇ、アタシが 
貴方を殺したの?




2009.10.04

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -   
コメント
コメント送信



 
 COOKIE
この記事のトラックバックURL
トラックバック