<< 月明かりの下の夢 | main | 合わせ鏡 >>

2009.10.04

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -   

2009.09.03

秤にかけたもの


何故一人で泣くの? 

何故一人で耐えるの? 

何故一人で孤独に震えてるの?

何故貴方は 
みんなと一緒に笑うのに 


泣くときは一人ぼっちなの? 



誰も信じられないのは 
貴方もアタシも同じだけど 

あの瞬間の気持ちは 
嘘なんかじゃなかったんだと 
そう思いたいの。 

変わらないものはないけど 
続くものはあるんだと 
信じたいの。 


傷ついて泣いても 


一人になっても



生きていくには 
輝いていかなくちゃいけない。 


忘れてはいけない 
真っすぐな気持ち。 



それは何よりも強いんだと 
信じたいの。 




傷つくのは 
関係に真っ直ぐ向き合えていた証 


疲れたのなら 
泣けばいい。 

でも、1人で泣かないで。 



1人で泣きたいなんて 
そんな見え透いた嘘には 
騙されてなんてあげない。 



沈むときは 
一緒にいくよ? 


一緒なら眠れるはずだから。 

1人で騒つく胸も 
徐々に落ち着くでしょう。 


その気持ちが愛しさじゃなくても 
手を繋いで眠ろう。 



悲しみに暮れてしまう前に

2009.10.04

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -   
コメント
コメント送信



 
 COOKIE
この記事のトラックバックURL
トラックバック