<< 狂った待合室 | main | 朦朧深夜 >>

2009.10.04

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -   

2009.09.09

シロイキロク

ヒトカケラの 記憶を

貴方は白に閉じ込めて

アタシの 記憶にも 焼き付けた。






すぐに忘れてしまう
このスカスカの頭にも
思い出させてくれる
今 考えていることなんて
小さな小さな渦で

もっと壮大なものを見なさいと。

まだまだ見ていないものがある。



小さなことで
狂ってしまうアタシの軸を
大したことはないんだよと
開いたPageが伝えてくれた気がした。



誰にも言えなかった
アタシのクロい処を
知らない貴方にだから
見せることができた


貴方はアタシのことを
何も知らないけれど
誰も知らない
独りぼっちのアタシを
貴方は見ていてくれていた



悲しみはよく似た形をしてる

シロの美しさも
クロの魅力も




アタシたちはわかっている



シロの哀しみも
クロの深さも



アタシたちは知っている







貴方のくれたシロは

共通の記憶を書き込んでいく








アタシは何を返せるだろう。

2009.10.04

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -   
コメント
まこチンが笑って毎日を過ごして行く事が、その人への恩返しだと思うよ
(☆从vωv*)
  • サクラ
  • 2009/09/10 8:24 AM
コメント送信



 
 COOKIE
この記事のトラックバックURL
トラックバック