<< 名残惜しい爪痕 | main | 撮るということ >>

2009.10.04

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -   

2009.09.27

音のない4畳半は 宇宙になる 。

JUGEMテーマ:photo





音のない世界は
すべてを飲み込んでいく。


3日前まで此の部屋に
確かに存在していたのに。


音のない世界は
すべてを飲み込んでいく。


孤独が怖いから
部屋の明かりすら点けられない。



3日前までは
確かに聞こえていたのに。








そう、

音のない世界は
すべてを飲み込んでいく。


きっと今、
たった一つ存在する
心臓鼓動の音だって






ほら


だんだん


弱 く  な っ    て    ‥







これで
怖くない。




もう
なにも


ないんだから 。








www


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




今日も 、 また

友人からの誘いを断わってしまった 。


会いたくない訳ではない 。


わざわざ 来てくれる 。


そう言ってくれたのに、
アタシは結局、

自分で一人を選んでいるのに





頭のなかは

薬に支配されてる。


違う。


アタシはアタシでありたいのに。





口ばかり。



さて、現像にだしたいブローニーフィルム、

6枚シャッター残ってる。





なにを撮ろう。


いまのアタシに

何が撮れるかな・・・ 。






あーした天気に な ぁ   れ 。





wwww








2009.10.04

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -   
コメント
コメント送信



 
 COOKIE
この記事のトラックバックURL
トラックバック