<< 瞑想 | main | …if >>

2009.10.04

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -   

2009.01.08

泳ぎ着いた先

JUGEMテーマ:photo



光の海を 彼の日 確かにアタシは泳いでいて
辿り着いた 其の場所で 視界を揺らしたのは
唯 静かに 漂う シロ だった。

手の届かない其れに
精一杯手を伸ばしたけれど
 結局は 幻だったのかもしれない。

(嗚呼、 いつだって みえる。)

誰も 信じては くれないけれど 。


2009.10.04

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -   
コメント
シロは遠いですね。
握りたいモノはわかりませんが、
シロを捕まえたら、
白色になるのではないでしょうか…
幻は自分を変えてくれますネ。
なんとなく、
そう思います。
目を瞑ると、
また幻を見ました。
  • DaiTunes.Camera
  • 2009/01/09 12:42 AM
シロは捕まらないからシロであり続けるんだと思います。 
シロが何かに捕まれば 
それはもうシロではないのです。 

染まらないクロに憧れたときもあります。 

だいちゅんさんとのコトバのやりとりは楽しみです。 
もちろん写真も。
  • maco
  • 2009/01/09 8:20 AM
写真すごく素敵です。アートな感じがしてシビレました。
シロを捕まえる方法は、シロであることだと思います。

多分、それを意識している僕は、もう既にシロではないと思いますけど。
のび太さん 
ありがとうございます。 
ARTな感じと言われると、まっまさか!となりながらうれしいです。アタシも後でサイト拝見させて頂こうとおもいますね* 

いざシロに触れる直前に私はきっと躊躇するのです。
  • 管理人
  • 2009/01/10 1:18 PM
コメント送信



 
 COOKIE
この記事のトラックバックURL
トラックバック